ELEA & Di Pappa Luigi🇬🇷(オリーブオイル)

ポイントは脂肪酸①

乾いた手のひらに4プッシュとり、両手に広げて温める。
それを顔に広げて・・メイクとゆっくり馴染ませる。
次に水を少し足して

全体を乳化させたら
ぬるま湯で丁寧に洗い落とす・・

失礼しました〜。

エクストラヴァージンオリーブオイル(以下EVOO)は
メイク落としに使えますが、
こちらの記事はメイク落としの広告ではございません。

そもそも秘書はメイク落とし用を持っていません。
ファンデーションを卒業して以来やめました。

通年こちらのシリーズ
NUBIAN HERITAGE(ヌビアンヘリテージ)を愛用していますが、
カラダも顔も同じ石鹸でOKです。

たっぷり142gでお値段わずか3.99ドル

 

それはさておき、昨日の過激な?!発表ですが
オリーブオイルが血管に良いという話は
今に始まったことではありません。

古代ギリシャでは心臓病のお薬として使われていました。
現代科学がそれを証明しつつあるところでしょう。

漢方薬もそうですね。

では、
オリーブオイルの何が身体に良いのでしょうか?

検索すればたーくさん出てきますが、
慣れていても混乱するので(笑)
簡単にまとめてみました。

まず脂質の基本形は下のイラストのように
グリセリン1個+脂肪酸3つで構成されています。

 

 

さらに脂質にも、バリエーションがあって、
カタチの違いで体内で果たす役目が変わります。

・単純脂質:中性脂肪、ろう(貯金=エネルギー源)
・複合脂質:りん脂質、糖脂質(あらゆる細胞膜の構成成分)
・誘導脂質:脂肪酸、ステロール(細胞膜やホルモンの成分、時に貯金)
*ステロールはコレステロールの一種です

お気づきですか?
私たちの身体に脂質は欠かせません。

コレステロールは必要です
その証拠にわたしたちの肝臓はコレステロールを合成します。
(作りすぎもありますが、ここでは触れません)

 

では、もう一度基本形に戻ります
脂肪酸3つがついて  トリグリセリド(TG)
消化の過程で
脂肪酸が1個外れたら 残り2つで、ジグリセリド
脂肪酸が2個外れたら 残り1つで、モノグリセリド

 

(数え方)
脂肪酸の数で呼び方が変わります。
Tri(トリ)-3,
Di(ジ)-2,
Mono(モノ)-1

はい、形を変えて小腸で吸収されます。
そして体内で再合成されたり、
エネルギー源として使われています。

吸収、合成、排泄、再吸収
の過程はここでは割愛しますが、
大切なのは脂質を構成する脂肪酸の種類

ざっと種類を分けるとこうです。

 

 

ちなみにオリーブオイルは
オレイン酸を豊富含みます。

 

少し話が難しくなってきました
今朝はここまで、続きは今夜(予定)。

・オリーブオイルと他のオイルの比較
・脂肪酸の役目

に触れましょう。

 

さあ、これから出勤準備しまーす(^◇^;)

 

>>次のページ:ポイントは脂肪酸②