ELEA & Di Pappa Luigi🇬🇷(オリーブオイル)The Olive Oil Source

ビタミンE、心疾患、オリーブオイル

切ないなぁ、これも薬剤師の仕事です。
処方箋からヒストリー(病歴)を見つけ
患者へストーリー(未来)を伝えること・・
それが叶わない夢だとしても。

1日目:ビタミンEと心疾患とオリーブオイル
(VITAMIN E, HEART DISEASE, AND OLIVE OIL)

結論:
ビタミンEには酸化防止作用がある。 
しかし単独では動脈硬化を改善しない。

時代の流れです。当時、ビタミンEは大人気。
血行促進、コレステロール低下、閉塞性動脈硬化症。
しかしこの記事を書きながら気づきました。
みんなが振り回されていた、と。

当時は以下のようなことがわかっていなかったのでしょう。

キーワード
 #ビタミンE#アテローム性動脈硬化症#頸動脈

多くの人がこの事実を知ってます
・LDLコレステロール=悪玉コレステロール
・LDLが増えると動脈硬化を起こす
・抗酸化物質たっぷりの食事はカラダに良い

私たちは、美味しく食べながら
アテローム性動脈硬化症が改善されないのだろうか?
そう考えます。

これについては抗酸化物質が豊富な食品
たとえば良質な植物油、果物、穀類、ナッツを食べる人たちは
そうでない人に比べて心疾患やガンにかかるリスクが低いことが
わかっています。

誰も、来る日も来る日も美味しくない薬を義務として
「医師に怒られないよに」薬を飲むのは辛いですからね。

さて、ひと昔前、ビタミンEは魔法のようなサプリメントと
信じられていました。

なぜなら、とある研究で
ビタミンEを多く摂取する女性には心疾患の兆候が
あまり見られなかったから。

*頸動脈をエコーで見ると、全身の動脈硬化の進行度がわかる

しかし彼女たちは全員が南イタリア出身
ビタミンEの多くを豆類、野菜、オリーブオイルで摂取していた、というオチ。

さて、オリーブオイル。
テーブルスプーン1杯(≒大さじ1杯)には
抗酸化物質のビタミンEが1.6mg含まれています。

アメリカだと1日の推奨量の8%
日本だとなんと25%(この違いは一体・・)

ではより多くとればいいのかと言えば、
ビタミンE増やして効果があったのはもともと不足している人だけ。

十分な食事が取れている女性でビタミンEを増やしても
アテローム性動脈硬化症のリスクは下がらず。

他の抗酸化物質、ビタミンA、Cは頸動脈の肥厚に無関係

HOPEスタディでは心疾患や心臓発作リスクが高い1万人を追跡。

一定量のビタミンEを毎日摂取するグループと
プラシーボを摂取するグループに分けても
冠動脈疾患発生率や心疾患・胸痛で入院するケースに大きな違いなし。

つまりビタミンEだけでは解決できない。
一緒に摂るべきは抗酸化物質を多く含む食品
この組み合わせがアテローム性動脈硬化症が起こしにくくする。

つまり健康を考えると
食材全体を丸ごと食べる地中海料理スタイルが理想

そして、オリーブオイルは
ビタミンEや抗酸化物資を丸ごと食べられる食品の一つ。
EVOOがより良いとされるのはこれが理由です。

リーズナブルなピュアオイル
VS
動脈硬化のリスクが減らすEVOO

どちらもビタミンEを含んでいますが、
あなたならどちらを選びますか?

今日の記事はこちらをまとめました。

https://www.oliveoilsource.com/page/heart-disease


保存保存

保存保存

ビタミンE、心疾患、オリーブオイル” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。