ELEA & Di Pappa Luigi🇬🇷(オリーブオイル)The Olive Oil Source

脂肪論争

3日目:オリーブオイルと心疾患?体に良い脂質とは?

(OLIVE OIL AND HEART DISEASE? IS ANY FAT GOOD FAT?)

事実、オリーブオイルにEPAは含まれませんし、
オリーブオイルが万能とは言いません。

今日お伝えしたいのは脂肪を取り巻く論争。
理想の摂り方について考え方もいろいろです。

食生活や文化背景、
遺伝上の問題を考慮する場合もあります。
一面だけでなく、多方面から考えるのもまた重要なこと。

事実は事実としてお伝えするのがこのページの役目です。

以下、The Olive Oil Sourceの記事より。
(読みやすくするため一部意訳しております)


例えばあなたは低脂肪食が好きですか?
それとも不飽和脂肪酸が好み?

私たちに共通する願いは、
適切な血中コレステロール管理でしょう。
悪玉コレステロールや中性脂肪は低く、
HDL(善玉コレステロール)を高くしたい。

ご存知の方も多いと思いますが、
地中海料理といえば健康食の代名詞
美味しく食べても心疾患罹患率がとても低いのが特徴です。
摂取カロリーの40%は脂質由来。
そのほとんどはオリーブオイルです。

 

*参考:日本では脂質は食事の20~30%が目安

オイル、ナッツ、野菜・・
これらの食品からどの程度恩恵を受けているのか
答え探しの研究は今も続いています。

ちなみに地中海料理
HDLが低めで中性脂肪が高い人には
心疾患リスクを下げる可能性があります。

さて、Ormish博士をご存知でしょうか?
博士は脂肪由来のカロリーを
食事中10%程度にしたライフスタイルを提唱したことで
世界的な注目を集めました。

これはいくつかの研究において、
アテローム性動脈硬化症の改善を示しています。

博士は、
中性脂肪が高くHDLコレステロールが低い状態は
高脂肪食を摂る人にとってのみリスクがあり、
低脂肪食においてHDLレベルはさほど問題ない、
と言ってます。

一方で脂肪摂取が極端に少ない食事は
「HDLを低下させ、動脈に悪影響を及ぼす」
そう主張する批評家もいます。

ですが中国の田舎のように、
米や緑黄色野菜などの炭水化物が中心で
肉製品はほとんど食べず、
乳製品がない食事で、
心臓病に無縁な地域が多くあります。

このような事実はOrnish博士の見解を
後押しします。

ではオイルは?

「動物性脂肪」はコレステロールを含むから、
避けたほうがいい、という認識があります。

「植物油」はコレステロールを含みません。
ですが、室温で時間の経過とともに
(不飽和から)飽和状態へ進み、個体へ変わると
オイルは酸化によるダメージを引き起こすようになり、
結果として心臓病を加速させます。

オリーブオイルに含まれるような
一価不飽和脂肪酸は、コレステロール低下に最適です。

アーモンドオイルのようなナッツのオイルは、
オリーブオイルよりも効果的に、
コレステロールを下げ、HDLを高めることができる
という新しい研究があります。

以上のように、
脂質について明確な答えはまだ出ておらず、
食事と心臓病の関係は議論されています。

ですが、多くの心臓の専門家たちは
低脂肪が良い考えています。

覚えておいてください。
パンにオリーブオイルをたっぷり浸して食べる
健康に良さそうですが、脂肪量となると
テーブルスプーン2杯分のオイルは
Ben&Jerryのアイス、2スクープ分です。

*スクープ:アイスディッシャーで取る単位

OLIVE OIL AND HEART DISEASE? IS ANY FAT GOOD FAT?
There is still a great difference of opinion about oils and health. What people agree on is that less fat is better and unsaturated fats are better than saturated ones. The question is, how low do you go and which oils are better than others.

The truth may be that everyone is different and fats may or may not be a risk factor depending on one’s genes. The Mediterranean diet has been shown to lower heart disease but people living in Mediterranean countries eat as much as 40% of their calories as fats (mostly olive oil). How much of the benefit is from the oil and how much is from the large quantity of nuts, fruits, and vegetables that are consumed? Studies are in progress to try to find out. For patients with low HDL levels and high triglycerides, the Mediterranean diet may lower heart disease best.

Dr. Dean Ornish rose to national prominence with a diet and lifestyle program that advocates as little as 10% calories from fat. This has been shown to actually reverse atherosclerosis in some studies. Dr. Ornish says high triglycerides and low HDL are risky only for people on high-fat diets. With a lower fat diet your HDL level is less important. But there are a few critics who argue that a diet too low in fat may actually lower the good HDL cholesterol and cause worse damage to arteries. Yet there are plenty of places in the world where heart disease is unheard of, as in rural China where the diet is heavy with complex carbohydrates such as rice and greens, very light in meat, and contains no dairy. That would tend to support Dr. Ornish.

Now what about the different oils? Animal fats have cholesterol so there is a consensus we should avoid them. Plant oils never contain cholesterol but those that are deliberately saturated to stay solid at room temperature cause oxidative damage with resulting accelerated heart disease. Mono-unsaturated fats such as the ones found in olive oil are best at lowering cholesterol. There is new research that shows that nut oils such as almond oil can lower cholesterol and raise HDL more effectively than olive oil.

As you can see, the jury is still out, and there is still controversy about diet and heart disease. But most cardiology experts agree that lower fat is better. Remember, sopping your bread with olive oil may make you feel like you are doing the healthy thing, but 2 tablespoons of oil is equivalent to 2 scoops of Ben and Jerry’s when it comes to total fat.

(引用:The Olive Oil Source)

↑Back to Top

保存保存

保存保存

保存保存